選択肢の一つとなる中絶手術|安心して手術が受けられる産婦人科

看護師

治療後に気をつけること

困る女性

女性の子宮は臓器の中でも修復力が高いのが特徴です。体の中でも、月経や出産によって傷つきやすい臓器であるため、東京の産婦人科などで中絶手術を行なった後も、術後しばらく経てばすぐに回復できるでしょう。しかし、中絶手術は自然の状態で行なわれる月経や出産とは違い、体への影響が強い施術となります。東京の産婦人科などでは母体の安全に気をつけて施術をしますが、外科にしろ内科にしろ、人の体への治療行為において失敗するリスクは常にあるものです。術後に痛みや発熱、月経時で大量の出血が見られる場合、迅速に手術を受けた東京の産婦人科へ受診しましょう。中絶手術で受けた傷は、およそ一ヶ月程度で治癒されるとされていますが、ホルモンバランスの崩れや感染症などによって体に危険な症状が現れることがあります。術後は自分の体の変化に気をつけ、気になる症状があればすぐに診察を受けるようにしましょう。

中絶手術を経験した女性は、体の傷だけではなく、精神的なダメージを受けることもあります。中絶後遺症候群と呼ばれ、中絶をしたことによるショックでうつに近い症状が現れてしまうのです。きちんと妊娠中絶をすることを決めたとしても、いざ手術を行なってしまった場合、自分の中から一つの命が消えたという精神的な負担に耐えられず、不眠やうつなどの症状が現れるようになります。また、中絶手術ではホルモンバランスが大きく乱れるため、ホルモンによる影響で精神的に不安定となりやすいのです。東京の産婦人科ではメンタル面へのケアも行なっているので、不眠や気分の落ち込みが顕著に現れる場合、産婦人科でのカウンセリングを受けましょう。